本文へ移動

スタッフインタビュー

今まさに株式会社シビル旭というステージで活躍している先輩スタッフの生の声をお届けします。仕事内容や魅力、やりがいなど語ってもらいました。

軌道係/松田 大輝

入社:3ヶ月 18歳/所属:亀田出張所
 
Q.仕事のやりがいを感じるのは、どんなときですか?
 いつも通りに何事もなく、列車が走っている時です。
 軌道の仕事は、あまり目立つような仕事ではありません。しかし、社会の皆さんを支える為にはなくてはならない仕事です。すごく大変な作業の時もありますが、いつも通りに列車が走っているのを見ると、やりがいを感じます。
   
Q.悔しかった事、印象に残っている仕事はありますか?
 新津駅構内での総つき固め作業です。初めてのタンパ突きで、感覚が全く掴めず交代させられた事です。最初から完璧に出来るはずがないのは分かっていましたが、自分が思っていたよりも体を動かせず、少し悔しかったです。
 
Q.あなたの今後の目標を教えてください。
 誰に何を聞かれても、答えられるような人になる事です。それには経験が必要だと思います。様々な作業の経験を積み、知識を得て、後輩にはもちろん、軌道工事の事を知らない人にも分かってもらえるように、全てを説明できるような人になりたいです。
 
Q.同じ夢を描く後輩に対して求めるものやアドバイスをお願いします。
 作業に使う道具はとても重い物が多いので、怪我をしないように特に気を付けなければいけません。また、夜間作業は体が慣れるまで時間がかかります。そこで体調を崩しやすいので、体調管理も大切です。
 
Q.シビル旭はどんな会社ですか?
  先輩方が優しく分からない事を教えてくれますし、初めての作業では、一緒にサポートしてくれます。また、作業道具のコードレス化などもしており、作業の効率化にも力を入れている会社です。
 

軌道係/武田 隼斗

入社:半年 20歳/所属:直江津出張所
 
Q.仕事のやりがいを感じるのは、どんなときですか?
 自分達が作業した現場を、列車が走っていくところを見た時に、一番やりがいを感じます。
   
Q.悔しかった事、印象に残っている仕事はありますか?
 現場に出た時に、何をしていいか分からなくなって、他の人に迷惑をかけてしまったことが悔しかったです。
 印象に残っている仕事は、道床交換です。線路の上で、重機を使っての作業を目の前で見た時は感動しました。
 
Q.あなたの今後の目標を教えてください。
 早く現場で戦力とされる人材になれるように、分からないところは聞くなどして、作業の流れを覚えていきたいです。
 
Q.同じ夢を描く後輩に対して求めるものやアドバイスをお願いします。
 夜間作業で体力が必要な仕事ですが、作業を終えた後に大きな達成感を得ることができる良い仕事だと思います。
 
Q.シビル旭はどんな会社ですか?
  入社すると、専任指導者がついて指導を受けながら、分からないところは丁寧に教えてくださり、社員同士の仲も良く、とても雰囲気の良い会社だと思います。
 

軌道係/阿部 拓矢

入社:半年 26歳/所属:直江津出張所
 
Q.仕事のやりがいを感じるのは、どんなときですか?
 自分が関わった線路に電車が通っている所を見ると、やりがいを感じます。
   
Q.悔しかった事、印象に残っている仕事はありますか?
 新人教育の時に、「このくらいできるだろう」と思っていた『犬釘打ち』という作業が、やってみると難しく、なかなか思うように犬釘の頭にハンマーを当てることが出来なかった事が、凄く悔しかったです。
 
Q.あなたの今後の目標を教えてください。
 仕事を任せてもらえるような人材になることです。そのために日々一生懸命、安全を心掛けて作業に取り組んでいきます。
 
Q.同じ夢を描く後輩に対して求めるものやアドバイスをお願いします。
 まだまだ新人でアドバイスなどはできる立場ではないですが、一生懸命仕事をしていれば結果は後からついてくると自分は思っています。
 
Q.シビル旭はどんな会社ですか?
  福利厚生はもちろん、とにかく出張所の皆さんは人柄が良く、良い会社だと思っています。仕事の面でも、人間としても、成長できる会社だと思っています。
 

軌道係/本間 海斗

入社:1年 21歳/所属:柏崎出張所
 
Q.仕事のやりがいを感じるのは、どんなときですか?
 私にとって仕事のやりがいは、難しい仕事を任され、それをやり終えた時です。その仕事に取り組んでいる時は、苦労や壁にぶつかることもありますが、そのハードルを乗り越えて目標を達成したときには、大きな充実感があります。仕事を通して自らの成長を実感でき、とてもやりがいを感じます。
   
Q.悔しかった事、印象に残っている仕事はありますか?
 経験と知識が足りず、現場で何をしたらいいか分からず、他の人に迷惑を掛けた時です。今後は、特に初めて行う作業では、事前に聞いてから現場に向かうようにします。
 印象に残っている作業は、工事用臨時列車からレールをスライドさせて卸す、縦卸作業です。総延長1000m以上のレールを一晩で現場に取卸す作業は圧巻です。
 
Q.あなたの今後の目標を教えてください。
 一日でも早く作業を覚えて戦力になる事です。先輩方のアドバイスを参考に、自分で考えられるようになりたいです。
 
Q.同じ夢を描く後輩に対して求めるものやアドバイスをお願いします。
 夜間作業が多く体力的にも大変だと思いますが、自分なりの生活リズムを作り、疑問に思った事はそのままにせず、先輩方に聞くことが大切です。
 
Q.シビル旭はどんな会社ですか?
  仲間想いの方々と、一緒に楽しくやりがいを感じながら仕事をしています。仕事のスピード感や効率以外の部分でも、チームで動いているからこそ、仕事の苦労や喜びを分かち合えます。何か大きな成果を上げたり、感動することがあった時に、共感できる仲間がいるというのは、本当に素敵なことです。
 

担当主任兼軌道副主任/鹿嶋 拓郎

入社:4年 35歳/所属:村上出張所
 
Q.仕事のやりがいを感じるのは、どんなときですか?
 作業が終わった後、会社に戻る時に自分達の直した線路を列車が走る所を見ると「自分達が線路を支える縁の下の力持ちだ」と実感でき、とてもやりがいと使命感を感じます。
   
Q.悔しかった事、印象に残っている仕事はありますか?
 ロングレールの設定替え作業が印象的です。作業責任者をやり始めて、最初の多人数作業の仕事で、自分がイメージしていた様に現場が進まず、自分の未熟さと勉強不足を痛感し悔しかったです。
 
Q.あなたの今後の目標を教えてください。
 早く先輩達の様な一人前の作業責任者になることです。そして、仲間達一人一人が最大限に現場で力を発揮できるような、現場環境をつくれる作業責任者を目指します。
 
Q.同じ夢を描く後輩に対して求めるものやアドバイスをお願いします。
 毎日仕事をしていく中で、たくさん不安な事や辛い事があるかと思います。でもその事を乗り越えた経験は、必ず将来の自分を支えてくれます。
 私もまだまだですが、一緒に頑張っていきましょう。
 
Q.シビル旭はどんな会社ですか?
  資格取得やスキルアップを後押ししてくれる会社です。私は現在、日建学院に通わせて頂き、『一級土木施工管理技士』の資格取得を目指しています。
 社内環境については、仕事の時はみんな真剣に作業に取り組み、仕事が終われば冗談を言い合ったりして、とても良好です。 また、仕事上で不安な事があっても、優しく丁寧に先輩達が指導してくれるので、安心して仕事に取り組める会社です。
 

軌道主任/佐藤 裕幸

入社:8年 38歳/所属:野沢出張所
 
Q.仕事のやりがいを感じるのは、どんなときですか?
 私達の仕事は、主に線路のメンテナンスです。状態が悪い線路の交換・補修をして、無事に列車が通過した時にやりがいを感じます。
   
Q.悔しかった事、印象に残っている仕事はありますか?
 線路での仕事は、日々どの駅間でこの数量の作業をするという風に、週毎に計画を立てます。したがって仕事が残ったから、次の日もその作業をするということが難しい仕事です。自分が軌道作業責任者の時に、予定の数量を完了することが出来ず、色々な人に迷惑を掛け悔しい思いをしました。
 
Q.あなたの今後の目標を教えてください。
 シビル旭 野沢出張所の計画担当者として、安全を第一に考え、無理無駄の無い作業計画を立てることです。
 
Q.同じ夢を描く後輩に対して求めるものやアドバイスをお願いします。
 作業に必要な資格が多数あり、社員の資格取得やスキルアップに力を入れています。
 私自身も昨年『一級土木施工管理技士』の資格を取得し、モチベーションが上がりましたので、ぜひ挑戦して頂きたいです。
 
Q.シビル旭はどんな会社ですか?
  夜間作業が主体で、時には辛いこともあります。しかし、資格取得や昇給・賞与・福利厚生などもしっかりしていて、社員の声にも耳を傾けてくれる働きやすい会社だと思います。
 

所長/古見 和臣

入社:9年 53歳/所属:柏崎出張所
 
Q.仕事のやりがいを感じるのは、どんなときですか?
 いろいろと感じる場面はありますが、所長としての立場では、若手社員の成長を感じ見た時です。技術を身につけ、先頭に立って頑張っている姿、そして躾の面でしっかり習慣づけてくれた時です。
   
Q.悔しかった事、印象に残っている仕事はありますか?
 2017年4月6日に起きた、柿崎~米山間で貨物列車と諸車が衝撃した事故です。もう何秒か退避が遅れていれば、間違いなく社員を殺していました。今の様な柏崎の風土が出来上がっていれば、回避出来たかもしれないと考えると悔しい思いです。
 
Q.あなたの今後の目標を教えてください。
 間違った指示、曖昧な指示に対してははっきり「NO」と言える職場づくり
 
Q.同じ夢を描く後輩に対して求めるものやアドバイスをお願いします。
 『出来ない』『無理』と否定すると、その先の考えはすべてマイナス方向に向いてしまいます。まずはどんな些細な事でも、自分の出来る事を探す事です。そこからまた新しい芽が出てきます。
 
Q.シビル旭はどんな会社ですか?
  どんな状況下でも、その先を感じ取れる会社です。勿論、押し寄せる危機も感じ取れます。情報の共有化をして、5つの出張所から新たな発信です。間違いなく東日本の中では1番です。社員の皆さんが自信をもって、私の勤めている会社は『シビル旭』ですと言える会社です。
 
株式会社シビル旭
〒950-0162
新潟県新潟市江南区亀田大月1-4-27
TEL.025-381-7708
FAX.025-381-7749
1.鉄道工事
2.一般建設
3.土木工事
TOPへ戻る