本文へ移動

2019年

2019.11.29 「第6回 鉄道技術展」へ行ってきました!

令和元年11月27日~28日にかけて、各出張所の所長と幹部社員を含め、総勢15名で「第6回 鉄道技術展」に参加してきました。
前回は本社社員と各出張所の所長達だけでの参加だったのに対し、今回は各出張所の幹部社員も1名ずつ参加したことで、より現場目線で視察してくる事ができました。

「鉄道技術展」の視察が終わり、ホテルに移動し「所長会議」を行いました。こちらもいつものメンバーに各出張所の幹部社員が加わり、現場目線の新鮮な意見や想いが飛び交い、充実した会議になりました。

二日目はJR本社にある施設を訪問し、「軌道工事従事者訓練シミュレーター」を体験させて頂きました。モニターを使用した列車防護訓練や、VR(バーチャルリアリティー)を使用した訓練などは、実際ではあまり体験できないので、とても有意義で価値のある経験でした。

最後に今回の出張にあたり、鉄道工事従事者訓練シミュレーターの段取りや訓練対応をしていただいた、JR東日本鉄道事業本部設備部工事マネジメントグループの山下寛生様(第一建設工業株式会社より出向中)に感謝いたします。

2019.11.25 「柏崎出張所 社員旅行」に行ってきました!

令和元年11月17日~18日にかけて、柏崎出張所が「能登半島・和倉温泉の旅」に行ってきました。
柏崎出張所社員20名と元請である第一建設工業株式会社・直江津事務所へ出向している社員1名にも参加していただき、楽しい旅行となりました。
 まず向かった先は、石川県七尾市にある「昭和博物館とおもちゃ館」です。
懐かしの昭和の暮らしを再現したとてもレトロな雰囲気の博物館でした。

続いて、今回の宿泊先である「和倉温泉 のと楽」へ向かいました。

二日目は「コスモアイル羽咋」で本物の宇宙船やアポロ計画用の宇宙服が展示されるのを見てきました。オカルトチックな空間にみんな興味津々で見て周っていました。

最後に、忙しいなか当社の社員旅行のために工事調整をしていただいた、第一建設工業株式会社・柏崎工事所、直江津事務所の所長以下、社員の皆様に厚く御礼を申し上げます。

2019.11.25 結婚おめでとうございます!

11月22日(金)「いい夫婦の日」に社員が結婚しました!
野沢出張所の「佐藤幸二さん」と「千秋さん(旧姓:田中)」がめでたく夫婦となりました。
佐藤幸二さんは、第一建設工業株式会社・新津事務所の出向軌工管として従事しています。
妻の千秋さんは、女性軌道工として従事していますが、特に軌道モータカーのオペレーターとしては右に出る人がいないほどの腕前です。
お互い夜間作業の毎日という環境のなかで愛を育み、「いい夫婦の日」にゴールインとなりました。今後も末永く幸せな家庭を築いて下さい。

2019.11.6 「直江津出張所 社員旅行」に行ってきました!

令和元年11月1日~2日にかけて、直江津出張所が「癒しの湯 母畑温泉八幡屋と小名浜の旅」に行ってきました。直江津出張所社員11名と元請である第一建設工業株式会社・直江津事務所へ出向している社員1名にも参加していただき、楽しい旅行となりました。

 

会社を朝早くに出発し、「河京ラーメン館猪苗代店」にてラーメンを堪能しました。

その後「アサヒビール福島工場」にて、ビールの奥深い香りに包まれながら、原料⇒仕込⇒発酵・熟成⇒ろ過⇒パッケージング⇒出荷とアサヒビールができるまでの過程を見学させて頂きました。工場見学の後は、試飲会場でできたての「アサヒスーパードライ」を試飲させて頂き、美味しいビールの注ぎ方までご伝授頂きました。

「アサヒビール福島工場」を後にし、今回の宿泊先である「母畑温泉 八幡屋」へと向かいました。

「癒しの湯 母畑温泉」でゆっくりした後、夜の酒席では普段あまり飲まない人もお酒が進み、社員全員で楽しい時間を過ごしました。

二日目は、「あぶくま洞(探検コース)」や「アクアマリンふくしま」などを見て回り、自然が創り出した幻想美の世界や海に暮らす生き物たちに癒されました。

今回の旅を通して、さらに社員間の仲が深まり、心も体もリフレッシュすることができました。

最後に、忙しいなか当社の社員旅行のために工事調整をしていただいた、第一建設工業株式会社・直江津事務所の所長以下、社員の皆様に厚く御礼を申し上げます。

2019.10.29 「第5回技術競技会」を開催

2019年10月26日(土)に、社員全員参加の「第5回技術競技会」を開催しました。
天候が心配されましたが、佐藤社長以下87名が参加して盛大に開催されました。
昨年度同様、「マクラギ交換競技」と「線路高低拝見競技」の2種目を実施しました。
1つ目のマクラギ交換競技は各出張所(亀田・村上・野沢・直江津・柏崎)2チームが出場して技術を競いました。(1チーム3名)
2つ目の「線路高低拝見競技」は、各出張所から2名ずつ選出して、ジャッキアップした軌道の高低変位を予想する競技としました。各出張所の選抜された社員が拝見する中、見守る社員達も予想や意見などが飛び交い、マクラギ交換競技よりも盛り上がったように感じました。
「マクラギ交換競技」の栄えある優勝には、村上Bチームが輝きました。村上Aチームも準優勝となり、村上出張所はワン・ツー・フィニッシュと実力を発揮しました。
低気圧の影響により一時的な雨に見舞われましたが、競技は無事終了する事が出来ました。表彰式では雨も上がり、晴れ間の下で閉会する事が出来ました。
 今後も技術力を磨き、発注者へ品質の良い線路を提供すると共に、チーム力を活かして安全作業を心掛けていきます。
最後に、毎年夜勤明け(非番)で開催していた競技会でしたが、今年度は第一建設工業株式会社の各工事所・事務所から、金曜日の夜間作業がないように作業調整を行ってもらいました。工事が輻輳する時期の中、当社の競技会にご理解とご協力をいただき、本当にありがとうございました。
開会式(社長挨拶)
開会式(整列)
線路内立入り
線路内立入り
器具員数確認
軌道検測
競技風景
競技風景
競技風景
競技風景
女性軌道工も奮闘!
女性軌道工も奮闘!
優勝チーム表彰
閉会式
女性社員集合(軌道工4名、事務員3名)

2019.10.10 「軌道協力会社安全表彰」を受賞!

令和元年10月10日に、無事故指定日数を達成した第一建設工業(株)新津事務所のエリアを担当している、亀田出張所と野沢出張所が安全表彰をいただきました。今年の1月から所定日数を無事故で達成しました。所長以下、社員の安全に対する取り組みが評価された事は励みになります。
表彰には取締役常務執行役員・松本新潟支店長、新潟支店岡田安全部長、新津事務所小林所長が来られ、激励の言葉をいただき、安全に対する意識の大切さを再認識し、今後も無事故を継続できるよう真摯に取り組んでいく事を決意しました。

2019.9.17 新しいスタッフの紹介

村上出張所に新しく1名のスタッフ(砂井佳奈さん)が仲間入りしました!
いつも笑顔で明るく元気に現場の皆さんのサポートに努めていきます。
 
ご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、
一日も早く慣れて皆さんのお役に立てるよう頑張りますので
どうぞよろしくお願い致します。

2019.8.20 「工事用重機械取り扱い訓練」へ参加しました。

 8月10日(土)第一建設工業株式会社新潟支店主催の「工事用重機械取り扱い訓練」に、3名が参加しました。(亀田出張所2名、村上出張所1名)
 線路部門の協力会社は当社を含めて7社、土木部門の協力会社4社、建築部門の協力会社1社と、盛大な訓練として開催されました。
 当日の気温は34℃と猛烈な日差しの中、実作業時の故障やトラブルを想定した訓練を行い、参加者は暑さに負けず真剣に講師の説明に耳を傾けていました。
 現在の軌道工事においても機械化施工は進んできており、重機械を使用しない日はないと言っても過言ではありません。
 いざという時に的確に行動し、安全な列車運行を確保するためには、今回のような現場実態に見合った訓練が定期的に必要なのだと改めて感じました。
 訓練に参加した社員からも充実した訓練だったと感想をいただいています。

ユニッククレーンによる吊上げ訓練
クレーンメーカーによる説明
オペからの死角確認
軌陸BH異常時の説明
走行モータークラッチの解除
救援BHによる牽引訓練

2019.8.20 表彰状をいただきました

 7月17日(水)信越本線新津駅構内の夜間作業において、絶縁材の欠損を発見した社員が表彰されました。
 当日は、分岐器軌道変位検修を実施中でしたが、68号分岐器の絶縁材欠損を発見し、材料手配や関係個所と連絡を取り、線路閉鎖時間内で交換作業を実施しました。
 線路の異変に気付き、冷静に対処した事が評価され、第一建設工業株式会社の取締役常務執行役員の松本支店長より表彰状をいただきました。
 今後も安全を最優先に考え、「気付き」と「行動」により、列車の安全・安定輸送に貢献していきます。

受賞者:杵鞭 勝廣、田辺 喜久(いずれも亀田出張所)

2019.7.30 やはり嬉しい夏季賞与(頑張ってよかった!これからも頑張る)

賞与(ボーナス)支給日前日の25日、社長から各出張所長に明細書が手交されました。
社長からは、各所長に対し、これまでの課題取組み評価と今後の課題が述べられ「社員の皆さんには、個人ごとに取組み評価と課題について一言添えて手交してください。」と所員全員分の明細書が手交されました。
明細書には社長の思いが記された「社員の皆さんへ」が同封されていて、私たちの使命や誇りを家族に伝えることができました。

2019.7.30 表彰状をいただきました。

7月11日(木)の羽越本線越後寒川駅構内の夜間作業において、継目板の折損を発見した社員が表彰されました。
当日は、分岐器軌道変位検修を実施中でしたが、分岐器後端継目の折損を発見し、材料手配や関係個所と連絡を取り、線路閉鎖時間内で交換作業を実施しました。
線路の異変に気付き、冷静に対処した事が評価され、第一建設工業株式会社の取締役常務執行役員の松本支店長より表彰状をいただきました。
今後も安全を最優先に考え、「気付き」と「行動」により、列車の安全・安定輸送に貢献していきます。

受賞者:村上出張所 次長 尾崎 和夫

2019.7.26 夏季休業のお知らせ

お客様各位
 
 当社は、2019年8月10日(土)から2019年8月18日(日)まで夏季休業日とさせていただきます。2019年8月19日(月)から営業いたしますので、よろしくお願い致します。

2019.7.19 『高校生合同企業説明会 in 朱鷺メッセ』

7月17日、『高校生合同企業説明会』が朱鷺メッセにて開催されました。

当社も資料を持って参加してきました。

昨年柏崎で開催された『2019かしわざき高校生対象企業説明会』と同じような形で

説明時間が4回に分けられていて、気になる企業のブースに生徒たちが集まり

説明を聞くという形になっていました。

参加企業は約200社、参加見込み生徒数が約1,400名の大規模での開催となりました。

当社にも1回目の説明から生徒が来てくれて、真剣に説明を聞いて行かれました。

中には「軌道工」という職種を知らない子も何人か来てくれました。

これからもこういったイベントに積極的に参加していき、
当社と当社の職種である「軌道工」をもっと学生に知ってもらって、
来年の春、元気な新入社員がたくさん来てくれるといいです。

2019.7.12 『株式会社シビル旭 創立三十周年記念式典』

7月10日、当社は無事三十周年を迎える事ができました。

これは鉄道を利用される皆様、発注者である第一建設工業株式会社様、地域の皆様の

おかげであります。

各出張所の方でも朝から国旗と社旗を掲揚致しました。気が引き締まります。

(亀田出張所)
(柏崎出張所)
当日は村杉温泉 環翠楼にて『株式会社シビル旭 創立三十周年記念式典』を開催致しました。
永年勤続表彰も併せて行い、勤続年数25年と15年の社員に表彰状を授与致しました。
式典が終わり、今までの感謝の気持ちと今後の発展を祈念して懇親会が行われました。

今後も気持ちを新たに、社員一丸となり、鉄道の安全、安心、快適を追及していきたいと思います。
 

2019.6.25 ユニフォームをリニューアルしました!

6月24日にユニフォームの一斉リニューアルを行いました。

今まで厚めで丈夫な生地のユニフォームだった為、耐久性は良かったのですが、

夏場も同じものを着用しているため社員から「暑い」「風通しが悪いため汗がこもりやすい」等意見が多数あった為、

風通しの良い夏場でも着られる薄い生地のものにリニューアルしました。

生地は薄いものの、耐久性は落ちることなく、ストレッチも効いていて、作業性には優れているのではないかと思います。

色も今までの青色から茶色に変更し、社員が着ているのを見ると少し新鮮な感じがしました。

社員の意見、現場での事をもっと聞き、より効率UPに繋がるようサポートしていきたいと思います。

(リニューアル前)
(リニューアル後)

2019.6.21 山形県沖地震の災害応急工事に従事

6月18日(火)22時22分頃に、山形県沖を震源地とする大規模な地震が発生しました。

各出張所で夜間作業を行っていましたが、作業を中止し被害に対応するため待機を行っていました。

当社の出張所がある村上市では、震度6強を記録し被害が心配されました。

夜が明け、線路状態の調査の結果、当社の担当エリアでは被害はありませんでした。

しかし、酒田工事所エリアの羽越本線では被害が発生し、当社にも応援要請がありました。

早期復旧を目指すため、総力を上げて酒田工事所エリアへ社員を派遣しました。

前日の待機で寝ていない中、「鉄道人」の魂を見せてくれた社員を誇りに思います。

●亀田出張所(10名)、●村上出張所(23名)、●野沢出張所(6名)、●柏崎出張所(7名)、

総勢46名の社員はもちろんのこと、地元の線路を保守してくれていた社員を含め、深く感謝いたします。

2019.6.17 今年もサントピアワールドの補修作業を実施

今年も、当社の亀田出張所でサントピアワールドの線路補修作業を行いました。

園の外周を走る、ローズマリー号が安心して走れるように、傷んだマクラギを交換しています。

暑い時期になってきましたので、熱中症対策として早朝5時から作業を行いました。今後は夏休みに入ります。

たくさんの子供の笑顔を乗せて走る、ローズマリー号の運行に貢献できる事に喜びを感じています。

2019.5.28 第一建設工業社員と合同現場見学を実施

5月27日(月)、当社の柏崎出張所社員と第一建設工業(株)柏崎工事所の社員で、土木の工事現場見学を行いました。
 
  1. 信越線 笠島~青海川 のり面工現場
  2. 信越線 柏崎~茨目  比角跨線橋補修現場
 
 土木や建築の現場は、工事期間が長期にわたる事が多く、安全に対する取り組みも【見える化】【見せる化】となっています。我々の線路作業は、日々違う現場のため「注意してください。」「気を付けてください。」と言っても、現場をイメージできない状況もあります。
今回の現場見学で、社員の安全に対する意識や取り組みについて、刺激を与える事ができました。
職種は違いますが安全に対する方向性は同じです。様式や文言を工夫すれば、すぐにでも活用できる取り組みもありました。社員全員で意見を出し合い、イメージして、そして考える。【見える化】【見せる化】も進めながら、先手先手の安全により「命に係わる重大事故」は絶対に発生させないように取り組んで行きます。
 
ご安全に!

2019.5.27 2019年度 経営計画説明会を開催

 

 2019年度の経営計画説明会を開催しました。昨年度に引き続き、全社員を対象に会社の方針、目指すべき姿を説明しました。
 5月13日(月)村上出張所での説明会を皮切りに、5月20日(月)直江津出張所・柏崎出張所の合同開催、5月27日(月)亀田出張所・野沢出張所の合同開催としました。
 佐藤社長からの、2019年度スローガンにかける熱い思い、安全を最優先する会社への課題と取組み、先手の働き方改革などの説明に社員は真剣に耳を傾けていました。
説明後の意見交換では、積極的に質問や自分の思いなどについて発言があり、有意義な場となりました。「毎年給料が上がっているが、社員の増加はどの程度まで考えているか?」「若手のオペが不足しているので、早急な育成をしなければ」「残業時間の上限を超えたらどうなるのか?」「昨年取り組んできた働き方改革について、アンケートを取ったらどうか?」など、社員それぞれが、どうしたら良い会社になるか?良い会社にするためにはどうしたらいいのか?と考えている事に対し逞しく感じました。
 2019年度スローガンを念頭に置き、社員一丸となって「安全を最優先する会社」として取り組んで行きます。
 終わりに、月曜日の貴重な時間を快く承知していただいた、第一建設工業株式会社の各工事所・事務所様、会場を提供して下さった研修センター様には改めて御礼を申し上げます。

(2019年度スローガン)

2019.4.26 2019年度 第一回目(4月期)の所長会議開催                   (ここにも女性活躍の取組みが含まれています)

当社の「2019 年度 経営計画」では、「女性活躍」において、「懇親会は18:00でお開き」を打出しました。これは、先に開催した「女性社員研修」での一社員の意見を採用したものです。

これまで、会議等終了後の懇親会は 18:00~20:00でした。それから帰宅すると21:00前後になります。子育てとの両立をしている女性にとっては苦痛です。苦痛に耐えての意見交換や懇親から前向きな意見は生まれません。
今後の会議は早め開催、終了後の懇親会は16:00~18:00 とし、19:00前後には帰宅できるようにするということです。
所長会議も11:00~15:00(意見交換16:30~18:30)にしました。
 
冒頭、社長から、「まもなく『平成』から『令和』へと時代が引き継がれます。当社は『平成元年』に設立され、『平成』の時代に成長を遂げてきました。私たちは、『令和』の時代で更なる飛躍をし、『一流の軌道会社』を創らなければなりません。それが、私たちを支えてきてくれた社会、お客様、発注者様、株主様、ご家族様に対する責務です。」と挨拶がありました。
ビデオ評論会では、亀田出張所で「MCによるレール運搬(責任者と運転者のグッドコール)」により議論しました。

2019.4.22 女性軌道工が活躍!-第三弾-

【直江津出張所:小山美也子さん】

 軌陸車と言われる、線路と道路の両方を走行できる車両があります。小山さんは軌陸車のトラックタイプを運転し、材料や砕石などを運搬する作業に従事しています。

 線路の上をトラックが走るので、一度トラブルが発生する大きな事故につながります。始業点検を確実に行い、線路上に載線後はブレーキ試験を必ず実施し、責任者に報告しています。

 女性軌道工のリーダー的存在である小山さんは、現場作業だけではなく、事務所の整理整頓、若手社員の指導などでも活躍してくれています。

 女性でも、大型保線機械や軌陸車を扱う事で活躍の場を広げています。今後も女性軌道工の採用が増えることを期待しています。

始業点検をシッカリやります
線路上に載線しています
ブレーキ試験を行います!
現場で砕石取卸し中です

2019.4.19 ゴールデンウィーク期間中の休業日のお知らせ

お客様各位
 
 当社は、2019年4月27日(土)から2019年5月6日(月)まで休業日とさせていただきます。2019年5月7日(火)から営業いたしますので、よろしくお願い致します。

2019.4.12 女性軌道工が活躍!-第二弾-

当社には4名の女性軌道工が在籍しています。「軌道工」という特殊技術を要する職種で、男性顔負けで頑張っています。

 

【野沢出張所:田中 千秋さん】

 軌道モーターカーと言われる、保線用大型機械を運転し、レールの運搬や道床砕石の運搬を行っています。田中さんは小柄な女性ですが、約23tもある保線用大型機械を巧みに操り、オペレーターの主力として頑張ってくれています。保線用大型機械は、一度トラブルが発生する大きな事故につながります。オペレーターとして従事する時は、責任者と入念な打合せを行い事故防止に努めています。女性ならではの気配りや、繊細な技術で貢献してくれています。

点呼・ミーティング
始業点検をシッカリやります
移動ルートを確認します
レーザーポインターで進路を確認します!

2019.4.2 新しいスタッフの紹介

本社企画部に新しく1名のスタッフ(鈴木あゆ美さん)が
仲間入りしました!
天候に関係なく、毎晩現場で頑張っている軌道工の皆さんを
明るく元気にサポートできるよう努めていきます。
 
ご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、
一日も早く慣れて皆さんのお役に立てるよう頑張りますので
どうぞよろしくお願い致します。
 
入社初日は一日研修ということで、社長・部長からの講義をいただき、
真剣な眼差しで聞いていました。
これから一緒に会社を盛り上げて行きたいと思います!

2019.4.1 人事異動に関するお知らせ

下記により人事異動を実施しましたのでお知らせします。
 
人事異動(4月1日付)
新役職名
氏 名
旧役職名
企画部 技術教育課長
兼 野沢出張所長
生 田 淳 一
野沢出張所長
 
 4月1日付で、軌道会社としての技術教育のあり方を追求し、新人教育、実設訓練、現場指導等にあたってもらうため、本社 企画部に技術教育課を設置します。
当面、技術や労災事故防止に特化していきますが、将来的には安全教育を担う安全部や社会人教育、企業人教育も担う仮称 教育研修部設置の準備室的な使命を果たすことになります。
社長より、「安全パトロールでは、ルール違反や危険動作はその場で是正してきてください。報告は必要ありません。ルールを愚直に守った。基本動作に徹した。工夫を凝らして省力化に努めた等、良いところを探して褒めてきてください。それを報告してください。」と方針が述べられました。

2019.3.28 昇進・昇格・昇給・ベースアップの発令

201941日付の昇進・昇格・昇給・ベースアップの発令を行いました。

 暖冬の影響もあり、会社としては決して手放しで喜べるような経営状況ではありませんでした。しかし、今年度は「働き方改革」や「女性活躍」に本格挑戦し、年初に目指したレベルには達成する事ができました。そのような結果も踏まえ、41日付で平均2.21%の定期昇給・ベースアップを発令しました。

 社長から各所長に発令通知が手交され、「先を見て、気づき、チームとして先手で行動していきましょう」と激励がありました。

 新年度も「安全第一」に、「先見」と「変革」により更なる発展を続けていきます。

2019.3.25 「期末表彰」を行いました。

3月25日(月)に平成30年度期末表彰を行いました。1年間を通して会社の経営方針を理解し、顕著な成績を収めた「出張所」と「社員個人」に対しての表彰になります。功績出張所は1件、個人表彰は功労社員1名、優良社員2名となりました。

審査は、「安全」「利益」「人材育成」「働き方改革」「技術・品質」の成績により、総合的に判断しました。今後も会社のリーダーとなり、更なる発展のため活躍を期待しています。

【功績出張所】 野沢出張所(初受賞)

【功労社員】 岩佐 友幸(村上出張所:2年ぶり3回目)

【優良社員】 大徳  仁(村上出張所:2年ぶり3回目)

【優良社員】 鹿嶋 拓郎(村上出張所:初受賞)

                   左から 大徳 岩佐 鹿嶋

2019.3.20 女性軌道工が活躍!

当社には5名の女性軌道工が在籍しています。「軌道工」という特殊技術を要する職種で、男性顔負けで頑張っています。
 

【亀田出張所:細貝政子さん】

 入社して間もなく1年になります。前職(ドボジョ:土木女子)での経験を活かし、重機械作業に従事する事も多くなっています。第一建設工業株式会社の社内認定制度を受講し、軌陸車(バックホウ、ダンプ)のオペレーターとしても頑張っています。

軌陸ダンプのオペとして従事
真剣な眼差しです
【柏崎出張所所属:安澤鮎美さん】
まだ入社して半年ですが、持ち前の明るさで職場を盛り上げてくれています。先輩社員も面倒見がよく、常にチャレンジする安澤さんを丁寧に指導しています。

先輩社員によるレール切断作業の指導
みんなが見守る中頑張っています

2019.2.22 各出張所幹部社員との「意見交換会」を実施しました。

2月12日から21日まで、今年で5回目となる各出張所の幹部社員と「意見交換会」を実施しました。
今回の「意見交換会」では、4月からの法改正に伴う「年休」のあり方について社員の皆さんから意見聴取をしたり、「働き方改革」の具体策などを話し合ったりしました。
回数を重ねるごとに、年々社員から出される意見もレベルが上がっていて、とても実のある意見交換が出来たと思います。資格を取得して今年初参加となった社員たちにとっても、良い経験になったのではないでしょうか。
今回提起していただいた改善点や要望などを、新年度の経営計画に反映して行きたいと思います。
また、この「意見交換会」に参加してくださった第一建設工業株式会社様もお忙しい中、都合をつけていただきありがとうございました。
このように経営者、出張所社員、事務員一丸となって、定期的に意思疎通を図りながら、「シビル旭」をさらに良い会社にしていきたいと思います。
      亀田出張所①
      亀田出張所②
      亀田出張所③
      村上出張所①
      村上出張所②
      村上出張所③
      野沢出張所①
      野沢出張所②
      野沢出張所③
      直江津出張所①
      直江津出張所②
      直江津出張所③
      柏崎出張所①
      柏崎出張所②
      柏崎出張所③

2019.2.13 「表彰状」をいただきました!

当社の柏崎出張所社員3名が、越後線出雲崎駅構内で作業中、レール絶縁部の絶縁材欠損を発見して緊急交換を行いました。速やかな関係個所への連絡、交換材料の手配、緊急作業に対応した事が評価され、第一建設工業株式会社 松本新潟支店長より表彰状をいただきました。今後も、我々が「線路に接している時間が一番長い」という特徴を活かし、線路状態の異変にも目を配り、鉄道の安全・安定輸送に貢献し続けて行きます。

2019.2.7 村上出張所に新しい仲間が続々と入社 !

村上出張所には、昨年12月から3カ月連続で20代、30代の新しい仲間が3名入社しています。
社長からは、一人ひとりに発令通知が手交され、本社1週間、出張所1週間の新人研修からスタートしました。
先輩たちは、彼らの礼儀正しく、そして素直な性格、仕事に対する熱意に接し、「ぜひ立派な軌道工になってほしい。」と自分のことのように喜び、手取り足取り教育しています。

2019.1.17 「感謝状」をいただきました

平成30年8月5日~6日にかけて発生した、山形県内の豪雨災害における復旧作業従事に対して、東日本旅客鉄道株式会社仙台支社様からから感謝状をいただきました。感謝状は協力会社に対する表彰であり、線路部門の協力会社である当社と、土木部門の協力会社2社が対象でした。表彰には仙台支社・小西設備部長様自らが来られ、感謝状の授与と共に激励のお言葉をいただきました。
今後も発注者のニーズに応え、安全で品質の良い線路を提供していきます。
社長が受賞・記念撮影
            感謝状

2019.1.11 「軌道協力会社安全表彰」を受賞!

平成31年1月11日に、無事故指定日数を達成した出張所が安全表彰をいただきました。第一建設工業(株)新津事務所のエリアを担当している、亀田出張所と野沢出張所が1つの表彰をいただき、直江津事務所のエリアを担当している、直江津出張所も表彰をいただきました。社員数によって指定日数の区分は異なりますが、所長以下、社員の安全に対する取り組みが評価された事は励みになります。
表彰に来られた、取締役常務執行役員・松本新潟支店長からも激励の言葉をいただき、安全に対する取り組みが評価された喜びを噛み締めるとともに、永続的に無事故を継続できるよう真摯に取り組んでいく事を決意しました。
亀田出張所・所長が受賞
直江津出張所・所長が受賞
       記念撮影
株式会社シビル旭
〒950-0162
新潟県新潟市江南区亀田大月1-4-27
TEL.025-381-7708
FAX.025-381-7749
1.鉄道工事
2.一般建設
3.土木工事
TOPへ戻る